シアトル〜帰国

旅の最後なので一気にいっちゃいます。
写真多いので流し見てください(o^-^o)


お義母さん宅からシアトルまで約4時間。
ハイウェイに乗るまでひたすらこんな景色。そして山道。飽きる・・
私は終始助手席なのでかなり長く感じます(^_^;)



ハイウェイに乗ると見えてくる建造物。
サットソップ原子力発電所。
建築中に予算がなくなり、未完成のまま廃墟となったらしいです。

映画トランスフォーマーでも使われたそうですが、えー覚えてないなぁ💦



アメリカに行くと必ず食べずにはいられないパンダエキスプレス🐼
お昼をだいぶ過ぎてもこれを食べるために我慢(^◇^;)
美味しくて大好き。

日本にもラゾーナ川崎に再上陸したらしいですが、量がかなり違うだろうな~



アメリカに来て初めて雨ふりな日。
やっとシアトルの街が見えてきました。
左に見えるドーム型の建物はシアトルマリナーズの球場、セフィコフィールド。
見えにくいけど、
そのお隣にはシーホークス(アメフト)のホームスタジアム、センチュリーリンク・フィールド。




2泊したパイオニア・スクエア・ホテル。
このホテルのフロントで日本人の男性が働いており、
他の外国人スタッフが日本語で挨拶したくれたのがとっても印象的でした♫
そういうのって良い思い出(*^-^)



チェックインして街をぶらぶら。





シアトル美術館
この影、壁に描かれているわけではなく、動くオブジェでずっと動いています。



看板もいちいち可愛い。



りんご丸ごと1個にチョコレートがコーティング。
私はチョコ苦手なのでイチゴ丸ごとホワイトチョココーティングを頂きました♪
アメリカってチョコレート専門店がホント多いです。



シアトルで一位二位を争う有名所。
パイク・プレイス・マーケット


マーケットプレイスにあるスタバ本店。
お店がせまーいからいつも大行列。



パイク・プレイス・マーケットの横にあるこの坂道を下りていくと・・



(知ってる方もいると思いますが)
ビルの窓際には・・
さて、なんでしょう?



よく見てよく見て。
いや、見ない方がいいかも。
うーん、微妙な観光名所ですが、面白いっちゃ面白いけどうーんなんか・・


潔癖性の方はどうぞ見ないで(^◇^;)
正解は「こ・ち・ら」



おえ~~~
ガムです。ガム。人の噛んだガム。
すごいあま~い香りの道です。
私は初めて行った時、
「ちょっと不思議なとこに連れて行ってあげる」と夫に連れて行かれ、
「近くでよーく見て!」と言われました。
正解聞いた時はおののきつつもおもしろーい!って騒いだんですが、、もういいです(^_^;)
一度で十分かな。という場所。



と、気を取り直して。

翌日は夫がアメフト試合に行った日。
好きな選手があまり活躍せず残念だったそうですが、
友達にも会えたし、グッズも買えたし、とにかく楽しかったらしい♪

有名人のライブで始まり、


これ、国歌斉唱のときかな?



試合前のパレード。
すごいなぁw( ̄o ̄)w


でも楽しそうです!



シアトルを出発する日の午前中はスペースニードルへ。
私は初めて行きました。


エレベーターの中。


すごい景色でした(o゚▽゚)o゚




スペースニードルの下にあるチフーリ・ ガーデン・アンド・ガラス美術館。
夫が激しく行きたがっていた場所。


全部ガラス!それも人より背が高いです。
なんというか、非常に感動!しか言葉がないです✨
本当に素晴らしかったです!














シアトルがよくわかる、観光地をドローンで撮影した動画




翌日シアトルを出発し、またポートランドまで移動。
空港近くて1泊し、日本に帰国。
私の時差ボケの頭痛、シアトル最後の日にやっと治りました。長すぎだろっ
今回はあまり時間がなくて色々なところに行くことができなかったのですが、
あっ!という間の充実した旅でした。
次はいつ行けるかな?
海外旅行は行もちろん行きたいですが、フィービーのこと考えると遠慮しちゃいそうです(^_^;)


ということで、
こんな長ったらしいブログにお付き合い頂きありがとうございました(^人^)



クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

夫の実家にて・2

お義母さんの手術の日は朝ご飯食べずで10時頃に病院。
前日はお土産を渡して元気付け‼︎


手術するのはいくつかの小さな町を代表するような中規模な救急病院。
綺麗な病院ですが受付も小さいし、働いてる人も少ない感じ。
待合ロビーではなにやらテレビを見ながらくっちゃべってるおばさん職員2人。
ほんとに職員?やる気なさそーだなぁと思っていたらボランティアの方でした。

ロビー横には小さな売店。
日本の病院の売店と違い、シアトルシーホークスのアメフトグッズであふれていたのにはびっくり(^◇^;)
全体的には人もまばらで待合席にはお年寄りや乳児健診で来た若夫婦など5人ほど。
その割にはなかなか呼ばれない。。。

やっと呼ばれ「1時間半後くらいに戻ってきてね」とだけ看護師さんに言われ、
お義母さんは連れ去られました(゚o゚)
まぁ前日に説明は受けてたみたいなのであとは縫うだけ、な感じなのでしょうね。

お昼でも食べてきて、と言われていたので近くの港へ。
この町は牡蠣が有名ですが、私も夫も苦手(;^_^A
今回私の目的の一つだった”クラムチャウダーを食す♫”

ヨットハーバー沿いにあるいくつかのお店をチェック。
海沿いなのでどこのお店もありますね。

右下がクラムチャウダー。
日本でのイメージと全然違ってデッカいハマグリ?みたいな貝など入って最高に美味しかった〜
今まで食べたクラムチャウダーでは一番でした\(*T▽T*)/ 毎日でもイケる。


1時間半して病院戻り、お義母さんが戻ってくまで1時間近く待ちました。
何の説明もないままファミリールームに通されて心配が増す。
しばらく待たされ先生登場。
すべての説明を聞いた後、お義母さんが戻ってきました。
麻酔のせいで少しレロレロしてたけど開口一番「お腹すいた」でした。
無事でよかったです。

もう普通に食べて良いとのことだったのでお義母さんが毎日のように通うお店へ。
以前来た時は小さな可愛いお店でしたが、場所が数メートル移動しリニューアルしていました。


コーヒー、軽食、雑貨、本も売っているお店。
集まってくるのはご年配の方が多く、皆さんお友達で楽しそうです。
立って笑っているのがオーナー。
なぜそこまで明るい⁉︎というほどいつも笑ってます。
数年前に来た私のことも覚えてくれていました。
彼女に会うと幸せな気分になる。チョット憧れます♡




術後の痛みはそれほどなく、元気で過ごしていたお義母さん。
術後チェックの日、
お友達が病院へ連れて行ってくれるので私は大丈夫!どこか出掛けてきなさいと(^ー^)
息子がいるのに友達に連れて行ってもらうなんて罪悪感あるよ、と夫と共に言いましたが、
前から約束してたから大丈夫なの!と断固拒否(笑)

ということで、ちょこっとアストリアの街へ繰り出しました。
夫も行ったことのない場所、アストリア・コラム


開拓時代が彫刻されています。


直線で125mの塔の上までは螺旋階段で登りますが、かなりなグルグル階段。
目が回りました(^_^;)
結構キツいのでチョット大きな欧米人、階段途中で断念して降りる人も多かったです。

頑張って登って観る風景は素晴らしかった!
登りきった人、みーんな「Finally did it‼︎」「I made it‼︎」と言ってハイタッチしてましたよ(笑)








そのあとはアストリアの街を散策。



なぜかわからないけど、左側の車が結構走ってた。
トランスフォーマーみたいにロボットに変身しそう(笑)



The pet worksというペットショップに入店。
お店のセルフシャンプーコーナーです。
階段までついて日本とずいぶん違う感じ。
大型犬が圧倒的に多いからでしょうか?
6基ほどあったシャンプー台、超大型犬用のもっと大きいのもありました。


このお店の店員さん。
私が日本人だとわかるとこう話しました。
以前来た日本人客がうちの店の評価で「とても良い店だけど品数が少ない」と書いたんだ。
そう思うかい?と。
実際、入った時に広さの割には品数少ない、というか陳列棚が少ないなぁと思っていました。
でも超大型犬が入ってきたら歩くスペースも必要。
全然問題ないですよと答えました。


あまり時間もなかったのでお義母さんちの近くの町まで戻りました。
でっかいフライパンとか、


子供遊園地とか、


ユニバーサルスタジオっぽいやつとか(笑)
窓から水が流れてます。
チョット楽しいところですが、すぐに見終わってしまう可愛い町。




観光もあまり出来ないくらいバタバタした滞在でしたが、それなりに楽しかったです。
出発の日。
朝のテーブルにはお花💐を飾り、いつも綺麗に身支度を整えて見送ってくれます♡

私はまたいつ来られるかわからないけれど、それまで元気に過ごして欲しいなと願っています。


旅も終盤。
本当に色々気をつけるように!と念を押し、シアトルへ向かいました(⌒-⌒)



続く(次で最後です)


クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

夫の実家にて・1

キャノンビーチから夫の実家へ向かいます。

オレゴン州のアストリアからコロンビア川を渡りワシントン州の街へ入ります。
その際に渡る橋が全長約6.5kmあるMegler Bridge(メグラー橋)
初めて来た時は圧倒されました。
橋の高いところから下る際はジェットコースターに乗って海に入っていく感覚。

西海岸なのでサンセット時間は眺めも最高です。


下る時は車のスピードが勢いに乗って結構スリルあり。



ここからまたしばらく走り、やっとこさ実家へ到着。


車を停めるとすぐに愛犬サムが吠えて来客を知らせます。
キッチンからも外が見えるのでお義母さんがすぐに出てきてくれました。
挨拶を済ませ、怪我の具合を聞き、顔と足のアザに驚く夫と私。
本当にすごい怪我とアザでした。


お義母さんが食事の準備をしていたので、その間サムの散歩へ。
家の裏庭のゲートから森に出るとそこから10分もかからず海に出ます。



森を抜けたところの景色。



これは帰路、逆から見た景色。
先に見える森を抜けると裏庭に出ます。



別の日。
サンセットの写真が撮りたい夫。
あっという間に日が沈んでしまうので1人走って海へ。


「サムちゃん、宇宙人が降臨したね(笑)」



この海は突然深くなっているそうなので年中遊泳禁止。
太平洋とコロンビア河口が近いので海流がすごいらしくこの界隈には難破船がたくさん沈んでいるそうです。



家を出て5分ほどでこの景色。
夕日ってとても綺麗だけど寂しく感じるのでそんなに好きじゃないんです。
誰もいないこんな景色の中にいたら無性にフィービーに会いたくなってしまいました(T▽T)





そんな感傷に浸っていると陽が落ちてすぐに真っ暗に💦
早く戻るよ!と夫に急かされ走って森へ!
夫が走るからサムも走る。
それより私の後ろに誰もいないわけで・・
この森、森の熊さんがいるわけで・・ 
鹿さんもいますが襲ってはきません。
振り返ると真っ暗闇。すごーーーく怖いんです。
私は引っ張られて転びそうになるわで大慌てで帰宅。
夕方の散歩はいつもこんな感じで終わります(×_×)



緯度的には北海道よりかなり上。
なので9月でも朝と夜は寒い。
お義母さんよりも100倍も寒いのが苦手な夫は暖炉に大喜び(^◇^;)



私の母からは「アメリカに行ったら家事はあなたが全部やりなさい」と毎回言われる。
もちろんやりますよ。
皿洗い、掃除、買い物、お義母さんの階段上り下りなどなどのお手伝い。
楽譜の譜めくり役まで喜んでやります^^
が、料理だけはねぇ(^o^;)
とりあえず1回は日本料理的なものは作るけど、使う調味料を始めやはり色々やりにくいのです。
あっという間に作ってしまうお義母さんからすると、
私が料理することは求められていない無理だと思われてるかも⁉︎のでそれだけはとても助かります。
というか、嫁姑的な関係は全くないのでありがたい限りです。



ちょこっとですが、お義母さんご自慢のお家の中。
アンティークで溢れています。
初めて来た時はワクワクしました♡




いつも見入ってしまう私の1番好きなランプ飾り。
100年以上前のままだと思います。素敵すぎる✨




滞在中はサムの相手もたくさんしました。
もチョット痩せると良いね〜


コンクリートを歩くことが少ないサム。
爪もかなり伸びていたので病院へ行くことに。



よだれ飛ばしまくってメチャクチャ嬉しそうです♫



田舎の小さな動物病院では想像を超えてたくさんのワンコ達がいました。
その中に・・
あれ!ジャックじゃない⁉︎
ついに見つけた〜と思ってよく見ると、

チョット違う?いや、ジャック?あれ、尻尾が見えない?
本来のジャックより体長がキューっと縮まった感じ(笑)

飼い主さんと話してみると、ジャックも入ったミックス犬(保護犬)でした。
ポートランドでもこの街でもそうですが、
保護犬を飼われている方がすごく多いなぁと改めて感じさせられました。



続く


クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

ポートランド~キャノンビーチ

※犬記事ではないし長いので興味なければスルーしてください。


だいぶ遅れましたが・・
時間に余裕が出たのでアメリカ滞在記を再開です。

夫の実家への帰省日程は、
ポートランド2泊→夫の実家5泊→シアトル2泊→ポートランド1泊でした。

ポートランド・1の続きです。

こちらがポートランドで民泊したキッチン付きのお部屋。
オーナーさんがアーティストだそうで、写真絵画がたくさんのとても素敵なお部屋でした✨


街の写真をあまり撮っていませんが、滞在した場所は治安も良くのんびりした街。
でもホームレスはまぁまぁ多く、ショッピングカートに大量の荷物を乗せ、
車の往来がなかった坂道を猛スピードで、それも蛇行させながら「ウヒョ〜」って
爆走していた人には夫も同様、ホントに驚愕しました( ̄Д ̄;)
坂道の下でお巡りさんに怒られてましたが、あの運転技術すごーいって変に関心し笑ってしまった(^_^;)

あくまでも私がアメリカに行った時の感想ですが、
ホームレスの人に対して優しい人が多いということ。
私が見た限り、欧米系の旅行者やその場所の住民達がお金や食べ物を渡すシーンをよく見かけます。
お金を缶に入れ、頑張れよとばかりに頭を撫でたり、話を聞いてあげたりなども。
ホームレスの中にはもちろんチョイ悪な方もいますのでそういう人は相手にされない感じ。
色々ある私のカルチャーショックの中でも1、2位を争う感じです。


と、話はずれましたが、
この街、とにかく評価の高いコーヒーショップがあちこちにあり、
朝早くからオープンしているのでどのコーヒーショップも混んでいました。
↓ワンコ連れは外席。

意外にラブラドゥードゥルを見ることも多かったです^^
写真の飼い主さん曰く、世話が楽♫ いつも横にいてくれるだけ、まさに愛玩犬!だそうです。
飼いたくなったよ(笑)



こんなところを毎日散歩できる・・・
すごくうらやまいなぁと胃が痛くなるほど思いました( ̄ρ ̄)


古~い床屋さんも素敵。


全部のお店が可愛いです



別のコーヒーショップで。
かき回す為にマドラーが欲しかったので店員さんに言うとコレが出てきた(^◇^;)
コーヒーショップにマドラーが置いてないなんてちょっとありえなくて笑えました😅




ポートランドでの3日間、お義兄さんと毎日会いました。
10歳以上も年の離れている弟(うちの夫)とは遠く離れているからお互い会いたいのでしょうね。

夫、アメリカに行く前にハワイのウクレレを購入していました。
日本への配送よりアメリカ本土に送る方が安いし関税なども簡単。
ということでお義兄さん宅に送ってもらうようにしていました。
スタバで受け取り完了(^o^)

川の遠泳をやっているお義兄さんスゲ~、ムキムキです💪


リバーフロントにあるお義兄さんのオフィスにお邪魔しました。
右側が新しいコンドが並ぶエリア。
左側が元々工場などがあった古い建物が並ぶエリア。


オフィスがある数件の会社が入ったビル。
このビルも築100年以上だそうで、中もリフォームされないままの状態で使われていました。


お義兄さんの仕事を拝見させてもらい、新しいエリアを抜けて川沿い散歩へ。


⚠️すぐに汽笛の音がするので音にご注意を💦
撮影が雑ですみません。。



ワンコもたくさん散歩してます。
新しく開発された場所のせいか、排泄袋もあちこちに設置されていました。
大きさ別に3種類、素晴らしいです✨


コロンビア川の支流、ウィラメット川。


川沿いを犬散歩する人もたくさんいましたが、ノーリード派多し(^_^;)
ブル系がこっちへ走ってきた時は焦りました・・


夫の実家へ向かう前夜。
夫の甥っ子(お兄さんの息子)&フィアンセも一緒に夕食へ。
甥っ子とはビデオチャットでは会っていましたが今回初めて会えました♫
プロレス好きだそうで私と意気投合(私プロレス好き)
「高田とかさ~♪」とか言ってた(笑) 
私がよく見ていたジャイアント馬場やジャンボ鶴田とちょっと時代が違うけどね。
新婚旅行は日本も候補に入っているそうなのでぜひ来日して欲しいです。



3日目のお昼はお義兄さんのオフィスに寄りお茶して別れ、
向かったのはオレゴンコースト(オレゴン州沿岸)にあるキャノンビーチ


キャンノンビーチのサンセットに間に合いました。
海の向こうは日本。


ヘイスタックロック、世界で3番目に大きな一枚岩だそうです。
砂浜には鳥の死骸が埋もれてて踏みそうになりちょっと気持ち悪かった(~_~;)



それでもすごく素晴らしい場所でした✨
やっぱり持ち上げてみないとね。



キャノンビーチがある町はレストランやお土産屋さんなどが並ぶとても可愛い街並み。
ゆっくり歩いてみたかったけどお義母さんが夕食作って待っているので急いで実家へ向かいました。
機会があればまた来てみたいです。


しかしわかっているけど今更だけど毎回思うけどアメリカって本当広いなぁ・・
この先に見える街はアストリア。
お義母さんちはまだ先・・。



続く


クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

久々の再会と心配事

20日に帰国しました。
すでに2日も経ってしまった。

アメリカに到着後、いつものことながらなかなか時差ボケが治らず眠気と頭痛と戦っていました。
でもお義母さんの事があったりしたのでそんな事も言っていられず、動くしかない!
と毎日を送っていました。

時差ボケは日本に帰国時の方が楽です。
朝はすごーく早く目が覚めます。
今日も4時半起き(笑)

しかしまだ何となくボーっとしていてブログもなかなか書けず・・
更新が遅れがちなのでアメリカ滞在中のことは追々書いていければと思います(^_^;)



夕方成田に到着し、車でそのままフィービーを迎えに。
再会した時はどんな反応をするのか?
きっといつもみたいに素っ気ないよと夫と話していました。

迎えに行った時は奥のクレート内にいて姿が見えませんでした。
クレートから出され、椅子に座っていた私と夫の元に一直線に走ってきました(* ´ ▽ ` *)
いつものごとく挨拶してすぐにどこかへ行ってしまうと思いきや、
体をグリグリと擦りつけ、ちょっと離れない感じでした。

尻尾は⁉︎
予想を反してプリプリ♪
興奮させないよう平常心を保ちつつ、
込み上げるものを抑えて久しぶりに抱っこしました。
感動~(//∇//)

連れて帰った後は、さすがに疲れたのかすぐに寝てしまい、
翌日も吠えることもなくのんびり。

留守したのがちょっと長かったので色々ストレスもあったのかなと想像しますが、
信頼できる方々に面倒を見てもらったことはとても良かったと思います。
感謝してもしきれないほど(*´-`)




アメリカへ出発する前日、フィービーを病院へ連れて行きました。
耳の中のチェックなどはもちろんですが、最近ずっと身体を掻いていたことが気になっていたから。

ちょうど皮膚用のシャンプー(病院用)を購入したばかりでした。
それを使ったのは1度のみだったので不安も抱えつつ出発しました。
留守中、頻繁ではないもののやはり掻いていたみたい。

再会後もそれは変わらず、人がいれば掻くのは止められるのですが留守番中はなかなか・・
特に前脚の付け根をよく掻くので長袖の服を着せたら違うのかなぁ。

出発前に病院へ行き、診察してもらった時のこと。
身体全体が赤い、というか正常のピンク色がもっと濃い感じでした。
掻く場所は両足の付け根、首、脇腹などです。
背中も歯で掻きます。

マラセチアの検査をしましたがちょこっと出たのは赤かった指の間だけ。
身体が赤いのは何かに反応しているということ。

ノミダニは問題ないだろうということで、まずはフードを変えてみる、からの様子見となりました。
タイミングが悪く、アメリカへ行く前日だった為、ちゃんとしたことも出来ず出発しました。


まずは食物アレルギー、アトピー、などが疑われる。。
しょっちゅう、常にガリガリ掻いているわけではないのですが、
一箇所ひどくなったところがあり、赤くポツポツが見えました。


今日病院へ行って診察してもらい、フードの相談をしてこようと思います。
ひどくならないうちに何とか出来れば良いなぁ(´・_・`)




クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村