昨年末の大失態

長文です。

昨年末、忙しかった事もありブログを一時書けない時期がありまして。
忙しさ以外にももう1つ理由があったのですが、
書く気力も出ないくらい私にとってショッキングなものでした。

簡単に書くと、ハーネスが抜けてフィービーが逃げたという事です。
そして結論から言えば「捕獲できてホッとした」
です(〃´o`)=3

書くつもりはなかったのですが、これは犬のブログ。
こんなこともある、と思って読んで頂けたら幸いです。

散歩でたま~に行く大きな広場。
芝生があったりグランドがあったりします。

のんびり歩いていると反対側からある小型犬種とニコニコした飼い主さんがこちらにやってきました。
あ、なかなか会えない犬種だなぁと思っていたら、飼い主さんから離れて犬だけがフィービーに近づく。
あれれ??
ノーリードだと気付きました(゚o゚)
近くにきてわかったので結構びっくりです。
相性が悪くなかったので遊び始め、ちょっとテンション上がり気味のフィービー。
飼い主さんも数分で切り上げてくれたのでホッとしたのもつかの間、
芝生上で嬉しくなったのも重なりそのテンションのまま走り出して私の周りをぐるぐるぴょんぴょん。

この日は首輪ではなくハーネスをしていました。
結構暑い日だったので服なし。
最近ずっと服を着せてハーネスをしていた為、裸だとハーネスも少し大きめになります。
でもあまり考えずそのまま装着して出掛けました。
ヒールウォークも100%近いので引っぱりもなくハーネスが抜けることもありません。

もうお気付きかと思いますが・・
でもこれが大きな間違いだった・・

公園でテンション上がり、走り出したので止めようとした瞬間ハーネスがスポッと抜けてしまいました。
首輪も何もしていない本当の裸状態。
抜けた瞬間、焦ると同時に追いかける。
フィービー!と一度呼んでちょっと追いかけたらこっちを見つつ、もっと遠くに行こうとしています。

もっと追いかけたら公園横の道路 (車の往来はかなり少なめの道) に出て行く、
道路を渡って反対側に行き、ついに見えなくなる・・
そしてどこの誰だとわからないまま見つからない・・

ほんの数秒の内にそんな想像をしました。
どうしよう、どうしたら戻ってくるのか・・
というか戻ってくるとは思えませんでした。
だって水を得た魚のようにものすごく楽しそうにぴょんぴょん走っていたから( ̄△ ̄)

どうしたらよいか解らず、相当パニクっていましたが「ダメダメ冷静に!!」と
自分に何度も何度も何度も何度も何度も言い聞かせ、追いかけるのをすぐにやめました。

でもこれは数秒の間に決断しなければならないという私にとっての最大の賭けでした。
こうした事によって本当にもう会えなくなる可能性があったから。

追いかけるのをやめ、心臓バクバク状態なまま急いで木の下に膝をついてしゃがみました。
するとフィービーのスピードが少し落ちたので、
すぐにポケットに入れていたオヤツを見せ、いつも呼ぶトーンの声で「フィービーおやつ~」と声掛け。

これをやった時、”戻って来ない”という想像を一切捨てました。
どうか戻ってという気持ちを込めて「おやつだよ~」と手を少し上に挙げてみました。
すると1、2度足を止めながらも戻ってきてくれました。

戻ってくる時のフィービーの走りがスローモーションに見えた(ノ_・、)
冷静を保ちつつ、そのまま手元まで来て!と願う。
本当に心との葛藤でした。
手元まで来たらまたすぐに逃げるかもと思ったので、おやつをすぐに離さずに
先っちょだけ噛ませ、チミチミと食べさせました。

この日持っていたオヤツは先日イヌリンで購入したカンガルーの干し肉。
いつもと違う、たまにしか与えない、クッキーより匂いが強い物だったので食いつきが違いました。
きっとクッキーだったら噛んですぐにパラパラになってしまったかもしれません。

チミチミと食べさせ始めましたが、速攻で捕まえはしませんでした。
なぜだかわかりません。
美味しそうに食べているフィービーをジッと見ながらこういう形で押さえようと再確認。
焦る自分を制御し、ヨシ今だ!とそっと左手、左腕、左半身で身体を覆う様に後ろから抱きしめました。
後ろに逃げられないようにする為です。

この後しばし抱きしめたまま動けませんでした。
フィービーを捕まえた時、真横にヨチヨチ歩きの赤ちゃんとお母さんがベンチに座っていたのですが、
この親子、フィービーが逃走したとは思っていなかったようです。
ニコニコして見ていましたよσ(^_^;)

実はこの広場、ワンコのノーリード率かなり高め。
この日私が目で見たワンコは5匹。
内4匹はノーリードでしたからフィービーもノーリード犬だったと思われていたかも。

でもこの時ばかりはあのノーリードのワンコ達の中に混じって行って遊んで~!!!
とまで思ってしまいました。
そうすればオヤツ使って捕獲出来るかと(-"-;A

フィービーを捕獲後、抱っこしたままベンチに座り、予備で持っていた首輪に変更。
とりあえずハーネスもし、公園を出るまではリードを首輪とハーネス両方に掛けて歩きました。
(ノーリードの子達を見たフィービーが遊びたがっていた為です)

公園を出るまではまだまだ冷静を装う自分がいましたが、
歩いていると段々現実に戻り、涙があふれそうに(~д~*)
それをまた堪えながら1時間半の散歩終了。
かなり辛かったです。

家に着くとホッとしましたが、考えれば考えるほど時間が経てば経つほど恐ろしくなりました。
もちろんハーネスの危険性や首輪のゆるみなどの問題もありますが、
やっぱり呼び戻しの大切さを痛感。
オモチャやオヤツを使わなくても戻ってきてくれるのが理想ですが、フィービーはまだ出来ません。
それであっても、何であっても戻ってきてくれればいい、と思いました。

フィービーが逃走時、あ!トレーニングした呼び戻しだ!とは正直パニクって考えつきませんでしたが、
改めて考えると呼び戻してる!と。
家では今でも離れた場所にいての呼び戻しの練習はしています。
実際その時の身体の動きがそれを実証していたような気がします。

リードを離してしまった事が夫婦共にあるので、それに関しては異常なほど気を遣っています。
ハーネスは盲点、というかヒールウォークが出来る様になったから、という過信が良くなかった。
装着もしっかり確認し、広場での走り出しは要注意。
まだトラウマがありますが、特に一人の時は気を付けたい。

ノーリードもそうですが、絶対に大丈夫なんてない。
問題なく遊んでいても突然の地震や雷があったら犬の反応はわからない。
どんなに良い子でもある日突然いなくなってしまう事がある。
そんな悲しいことはない。

こんな事を色々考えながら散歩から帰ってきました。
帰宅して気付いたらジーパンの右ひざは泥だらけ。
右手の指関節にかなりの青あざ。痛くて曲がらなかった。
フィービーを呼び戻した時、力が入ったものを思われますが覚えていません(;^_^A

あぁ未だに反省しきり・・・・・・・・・・・・・・

そんな事があったのでこの公園には怖くて行けずにいました。
でもとても気持ちの良い場所なので昨日行ってみる事に。

こちらが捕獲場所。
 
うーん、ドキドキが再発。

で、やはりノーリード率高し。
リードをしたワンちゃんと挨拶したりしたものの私のドキドキは止まりません。
心臓に毛が生えてるタイプの私でもどんだけのトラウマ(´Д`)
しばし葛藤。
でも思い出してウルウルしてしまった。


そんな中、もう梅が咲いていました^^


ご本人は松ぼっくり咥えてご満悦。

結局この日は8キロも散歩してしまった(笑)


長々書いてしまいましたが、実際はほんの2分足らずの話
迷い犬を多く拝見し、早く帰ってくるといいなと思ったり、愛犬と重ね合わせて心配したりしますが、
実際に起きてみると(今回は未遂で済みましたが)想像を遥かに超えます。
どうかどうかどうか、皆様もお気をつけ下さいませ(゚人゚)(-人-) 本当に・・


クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 公園

コメント

No title

こんにちは

ビビりますよね、、、
私の所も首輪とハーネスで一回ずつ抜けた事あります。
首輪の時は焦りました、、、10年以上前だけど忘れません、、車が来てたらアウトな場所なので、、いまだに思い出すとゾッとします。
ハーネスの時は数年前にスポっと匂い嗅ぎに夢中だったのですぐ捕獲!
ハーネス怖いです、、サイズ調整してるつもりなのに、、、、

呼び戻し、、、課題ですよね、、フィービーちゃんまだ若いジャックだから余計に難しそう
我が家は最終手段の怒り気味の「ダメ」を言えば他の犬とどんなに夢中で遊んでいても急いで必死に戻ってきます。
今じゃ飼い主の見えない場所には行けないし(笑)
(土手でノーリードしてます、、、すいません)

小さい頃にJが犬の先生に教わった方法
飼い主が寝転んでバタバタと暴れながら助けて、助けて、、って大声出す方法、、
当時は犬が気づけば高確率で帰ってきます。(間抜けですけどね)

怖い話
10年以上前のみさと公園は人も少なく夕方は犬パラダイスでした。
毎日、5から10頭、、多い時は20頭位があの大きな広場でフリーでした。
ある日近所の小学生の女の子が子犬連れて遊んでました。
しばらく遊んでたら
誰かが〇〇ちゃんは?
居ないね、、トイレに行ったみたい、、、?
で犬は残され他の犬と遊んでる、、、
次の瞬間、、子犬は女の子が居ないのに気づき初めキョロキョロ、、
すると暫く挙動不審な行動をとり初め、、マズいと思い、、女の子を呼びに、行こうとした時に子犬逃走、、、
パニックに落ちた子犬は私たちが近づこうとすると逃げるので、、距離とって追いかけたけど、公園から出ちゃって途中まで追跡できたけど、、見失う
何時間か探して見つからない、、
その後に246沿いで悲しい姿に、、
助けられなかった辛さキツイです。
アーチの仲間の初めて死、、、キツイです。

2016/01/16 (Sat) 16:01 | あーち #JalddpaA | URL | 編集

Beecoさん、年末にそんな大変な事があったのですね。どんなに苦しくて恐怖だったことか…フィービーちゃんを捕まえられて本当に本当に良かった。
実は私も昨年10月に全く同じ経験をしました。近づいては逃げるを繰り返し、もうダメだとパニックになりながら、全然完璧じゃない呼び戻しに最後の望みをかけ捕まえらた時には体がガクガク震え家までどうやって帰ったのか覚えていません。あの時にそのまま逃げてしまい、2度と会えなくなっていたらと思うとどうしようもなく胸が苦しくなります。
本当に呼び戻しの大切さを痛感しました。残念ながらいまだに完璧ではない私達はボディハーネスをやめ、カラーはダブル使いです。
でもお互い不幸中の幸いでしたね。これからは一層注意を払い、呼び戻しの練習頑張りましょうね。戻ってきてくれたフィービーちゃんとしずく、本当にありがとうm(_ _)m

2016/01/16 (Sat) 17:36 | モコ #- | URL | 編集

こんばんはです。

とっても怖い経験でしたよね。
自分に置き換えて想像して
いま、隣で爆睡してる我が家犬が
そのようになったときに戻って
くるかと考えたら、、、
恐ろしいです(-_-)
私自身同じように冷静に
呼び戻し出来ないと
思います。

戒めることも大事ですが
そのようにできた自分に
自信持たれてくださいね!

何事もなくて本当に
よかったです…>_<…


2016/01/16 (Sat) 18:55 | fu #- | URL | 編集
>あーちパパ様

パパさん、こんにちは^^

ビビります、というよりも全身の血が引いて身体の震えが止まりませんでした。
自分の不注意なのですが、もう2度と勘弁です・・><

あーちくんも抜けたことありましたか(/□≦、)
やはり何年経っても忘れられないことですよね。
私もフィービーが生きている限り、忘れることはないと思います。
この記事を書いている時も、読み返しても、このお返事書いている時も、
今にも涙が出そうです。

すんなり出来るワンちゃんもいるかと思いますが、呼び戻しの難しさは常に感じます。
> 今じゃ飼い主の見えない場所には行けないし(笑)
是非こうなってほしいです〜〜〜!

>飼い主が寝転んでバタバタと暴れながら助けて、助けて、、って大声出す方法、、
間抜けですが早速やってみました(笑)
シラーっと無視してオモチャに夢中でした(-"-;A
2度目はちょっと助けろ〜!と言いつつ泣いたふりをしてみました。
するとノコノコやってみたものの、私の背中の上で遊び始めました(-"-;A

でもどんな方法でも良いので戻ってくる練習はし続けます!

怖い話、
怖いというか、やはりそういうことがあるんだ・・と改めてその恐ろしさを感じました。
三郷公園、すごかったんですね。
死んでしまってからでは遅い、一生後悔する、と思うとやはりいつも見ていてあげないとダメですね。
ノーリードでも大丈夫だった子でもそんな目に合うということは、フィービーのような子はもっと危険です。

あぁ本当にこのお話、きついです(/_;)

2016/01/17 (Sun) 20:32 | Beeco #N3rgHghs | URL | 編集
>モコ様

こんばんは^^

なんとモコさんも同じ体験していたとは‼︎(/TДT)
モコさんもとても辛くて苦しくて大変だったと思います。
焦りすぎてパニックになりすぎてその時のことを覚えていないですよね。
でもしずくちゃん、本当に捕まえられて戻ってくれてよかったです(/_;)
私の場合、なぜだか全てスローモーションのような感じで、
泥だらけや手に怪我したこと以外は全て覚えています。

きっとお互いこれからも忘れることはない事だと思います。
夫は「無事に戻ったんだから忘れていいよ」と言いますが、
そう思う反面、忘れてはいけないと思っています。
良い意味で、良い勉強をしたと思って頑張りましょうネ!
呼び戻し、本当難しいケド・・・・・・(T△T)
改めてしずくちゃんとフィービー、戻ってくれてありがとー((o(;△;)o))ですね。

2016/01/17 (Sun) 21:50 | Beeco #N3rgHghs | URL | 編集
>fu様

こんばんはです^^

いつも色々なダメダメ話を聞いてもらい、本当に感謝しています。
この話も最初に聞いて頂き、心を軽くしてもらいました♡
夫に聞いてもらうのはもちろんですが、フィービーを身近で見てもらっているので
私としてはとても心強いのです。

この記事のコメント頂いたお二人のお話を読んで改めて恐ろしく思いました。
別の体験談を伺い、それをまた我が家の犬に置き換え改めて考えると震えてきてしまう(≧σ≦)
呼び戻しは本当に難しい・・
戻ってきたとしても捕まえられるかが一番の課題ですよね。
ましてオヤツなかったらかなり無理な感じ(´□`;)

でも今回の事を教訓に、自信を持って訓練に邁進します!
いつもフィービーを見守ってくださって有難うございます♡

2016/01/17 (Sun) 22:02 | Beeco #N3rgHghs | URL | 編集
No title

Beecoさん、フィービーちゃん、共に怪我もなくて何よりです(*^^*)
逃げる犬を夢中で追いかけて怪我をしてしまう飼い主さんもいるので、犬の逃走カラー抜け、ハーネス抜けは要注意ですね。
犬がわれを忘れて行動を起すと、飼い主さんも我を忘れがちです。
逆もまた然りです。
とても難しいことですが、犬が忘れたときに正気に戻してあげるのも飼い主さんの大切な役割だと思います。
とは言っても、緊急時に冷静になることって難しいことですよね(^^;;
レッスンのときに練習した呼び戻しですが、あれは緊急時にはなかなかできないというか、テンションが上がった直後の犬は反応しないこともあります。
なので、今度お会いしたときに、緊急時に有効な呼び戻しの方法をお伝えします(*^-')v

2016/02/01 (Mon) 11:17 | Taqua #- | URL | 編集
>Taqua様

こんにちは^^

お騒がせいたしました><
我を忘れる、ものすごく実感しました。
フィービーがMAXレベルのテンションになっていたら戻ってこなかったかもしれません。
捕獲した時「何やってるの!」と言いたかったけど無意味なので、
ひたすら冷静になろうと深く深呼吸しまくり^^;
とにかくよかったよかったと思うだけでした。

緊急時に有効な呼び戻しの方法、ぜひ宜しくお願い致します‼︎(泣)

2016/02/01 (Mon) 17:28 | Beeco #N3rgHghs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する