壊されたおもちゃの使い方

昨日に引き続き、この日もほとんど黙って過ごしています

丈夫なオモチャ、お猿のもんちゃん。
中の綿も出してしまったのでスカスカ状態で遊んでいます。
ゴムが分厚いからかなり丈夫ですが、もうだいぶ前にフィービーが分断・・(_ _。)

遊ぶ前にとりあえず向き合ってます。
遊んでいいよと言う時「OK」「ヨシ」など声を掛けますが、
言葉なしではどんなリアクションすれば良いか分からず(笑)


私から動かして遊びスタート。
もう音も鳴らないのですぐに飽きます。
なので腕の中にオヤツ投入。


なかなか取れないので怒って踏みつけて悪い顔してます。


顔突っ込むしかないようです。


やっと取れました。
美味しかったですか?と言えないので、笑顔でアイコンタクト。
やっぱり変な感じ(笑)

もっと入れて欲しいみたいです。


もんちゃんに近づくようもっとこっちに座りなさいと指で指示。
近づきました。


私だけかもしれませんが、遊ぶ時も「ほれほれ」と飼い主が声を出しがちになります。
でもこのやり方は喋らない分、相手の空気を読み合っているとジワジワ実感し始めました。
私を見るフィービーの目がなんか違います。
興味深いのでしばらくこんな遊び方を続けてみようと思います^^


かわいそうな下半身はこちらです(T▽T)




クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: おもちゃ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する