リード離れを止めたモノ

前の記事で書いたことの続きです(*'ー'*)

H君がフィービーのリードを離してしまった際のことです。

何事もなかったので良かったのですが、フィービーが走りださなかったのは
95%はコレがあったから、5%はH君の横に夫や他の大人がいたからだと思います。

我が家の3つのリード達。
リードの持ち手にゴムを付けていまして(^◇^;)
こういったリード離れ防止グッズも売っていますが、今のところ我が家はこちらでしのいでいます。
ダサいとか言ってられない( ̄∇ ̄)

リング1つ&100均のシュシュ。


💩を回収する時、いきなり引っ張られた時、夫も私もリードを落とした事が何度かあります。10回まではないかな(^_^;)
呼び戻しにまだまだ自信がないので常に気をつけています。
最初の頃は何か良い方法がないかと髪を結ぶゴムを長く三つ編みにしリードにくくり付けたり、
試行錯誤しながら何かしら試してきました。

今はこのシュシュで落ち着いていますが、ゴムが伸びてしまったらもちろん買い換え。
生地硬めのゴワゴワ、ゴムはきつめのシュシュじゃないと意味なしです。


持ち手が離れるとこんな感じ。
シュシュだけが繋がってる状態。


あくまでも「あった方がちょっとは安心」的なものです。
思い切り引っ張られるとこのシュシュもビヨ~んと伸びてしまい結局は抜けてしまいますから。
確実性を求めるならきっとこうダブルハンドルなる物の方が断然に良いです。
近いうちにこう言うものにするかなぁ・・
でもコレ、子供だと逆に危険度が増しますよね。
やらせることは大事。
だけどやっぱり小さな子供だけでリードを持つ事は良く良く考えてからと、と思いました。



H君がリードを離してしまった時、このシュシュが食い止めてくれました。
瞬時にH君の手首を見ましたが、子供の細い腕にもシュシュがちゃんととどまっていました。
手の平は完全にパーの状態で開ききっていたのでシュシュがなかったら、
そして大人が一緒にいなかったら、フィービーは離れてしまったと思います。

私と同様、Eちゃんもすぐに手首を見て「離してるー!」と叫んでいたので、
すごい幼稚園児だー!と感心してしまいましたがっ(゚ロ゚屮)屮


↓この時のEちゃん、
シュシュは手首にありますが、シュシュがなかったら持ち手は手を通しているだけの状態。
もしフィービーが逃げたら完全に手からリードが外れると思います。


この説明もEちゃんにお話ししたところ、
なるほど!そっかそっか!と言って、
さらにリードをぐるぐる巻きにし、ギュッと握りなおしていました(笑)

カリスマトレーナー決定(笑)


いつもダラダラと長い記事を読んで頂き、恐縮です。
もっと端的に書ければと(笑)



クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 犬グッズ

コメント

No title

なるほど~、シュシュを使うのもいいですね。
ほんの少しのことですが、あるのとないのとでは
随分違うと思います。どんなに気を付けていても
何が起こるかわかりませんからね。うちも呼びもどす
自信はないので、こういう対策は是非真似したいです。

2017/07/04 (Tue) 14:55 | メイ姉 #- | URL | 編集
>メイ姉さま

こんにちは^o^

苦肉の策のシュシュです(^◇^;)
100%はない、心の底からそう思います。
我が家の場合、何があっても、フィービーが完璧犬になったとしても(笑)、
リードを離して写真を撮るなんて事はきっとこれからもないであろう、くらい常にリードには
気を付けているので(特に私)、”少しの安心”でも気持ち的には随分違います〜(´∀`; )

2017/07/05 (Wed) 08:30 | Beeco #N3rgHghs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する