FC2ブログ

夫の実家にて・2

お義母さんの手術の日は朝ご飯食べずで10時頃に病院。
前日はお土産を渡して元気付け‼︎


手術するのはいくつかの小さな町を代表するような中規模な救急病院。
綺麗な病院ですが受付も小さいし、働いてる人も少ない感じ。
待合ロビーではなにやらテレビを見ながらくっちゃべってるおばさん職員2人。
ほんとに職員?やる気なさそーだなぁと思っていたらボランティアの方でした。

ロビー横には小さな売店。
日本の病院の売店と違い、シアトルシーホークスのアメフトグッズであふれていたのにはびっくり(^◇^;)
全体的には人もまばらで待合席にはお年寄りや乳児健診で来た若夫婦など5人ほど。
その割にはなかなか呼ばれない。。。

やっと呼ばれ「1時間半後くらいに戻ってきてね」とだけ看護師さんに言われ、
お義母さんは連れ去られました(゚o゚)
まぁ前日に説明は受けてたみたいなのであとは縫うだけ、な感じなのでしょうね。

お昼でも食べてきて、と言われていたので近くの港へ。
この町は牡蠣が有名ですが、私も夫も苦手(;^_^A
今回私の目的の一つだった”クラムチャウダーを食す♫”

ヨットハーバー沿いにあるいくつかのお店をチェック。
海沿いなのでどこのお店もありますね。

右下がクラムチャウダー。
日本でのイメージと全然違ってデッカいハマグリ?みたいな貝など入って最高に美味しかった〜
今まで食べたクラムチャウダーでは一番でした\(*T▽T*)/ 毎日でもイケる。


1時間半して病院戻り、お義母さんが戻ってくまで1時間近く待ちました。
何の説明もないままファミリールームに通されて心配が増す。
しばらく待たされ先生登場。
すべての説明を聞いた後、お義母さんが戻ってきました。
麻酔のせいで少しレロレロしてたけど開口一番「お腹すいた」でした。
無事でよかったです。

もう普通に食べて良いとのことだったのでお義母さんが毎日のように通うお店へ。
以前来た時は小さな可愛いお店でしたが、場所が数メートル移動しリニューアルしていました。


コーヒー、軽食、雑貨、本も売っているお店。
集まってくるのはご年配の方が多く、皆さんお友達で楽しそうです。
立って笑っているのがオーナー。
なぜそこまで明るい⁉︎というほどいつも笑ってます。
数年前に来た私のことも覚えてくれていました。
彼女に会うと幸せな気分になる。チョット憧れます♡




術後の痛みはそれほどなく、元気で過ごしていたお義母さん。
術後チェックの日、
お友達が病院へ連れて行ってくれるので私は大丈夫!どこか出掛けてきなさいと(^ー^)
息子がいるのに友達に連れて行ってもらうなんて罪悪感あるよ、と夫と共に言いましたが、
前から約束してたから大丈夫なの!と断固拒否(笑)

ということで、ちょこっとアストリアの街へ繰り出しました。
夫も行ったことのない場所、アストリア・コラム


開拓時代が彫刻されています。


直線で125mの塔の上までは螺旋階段で登りますが、かなりなグルグル階段。
目が回りました(^_^;)
結構キツいのでチョット大きな欧米人、階段途中で断念して降りる人も多かったです。

頑張って登って観る風景は素晴らしかった!
登りきった人、みーんな「Finally did it‼︎」「I made it‼︎」と言ってハイタッチしてましたよ(笑)








そのあとはアストリアの街を散策。



なぜかわからないけど、左側の車が結構走ってた。
トランスフォーマーみたいにロボットに変身しそう(笑)



The pet worksというペットショップに入店。
お店のセルフシャンプーコーナーです。
階段までついて日本とずいぶん違う感じ。
大型犬が圧倒的に多いからでしょうか?
6基ほどあったシャンプー台、超大型犬用のもっと大きいのもありました。


このお店の店員さん。
私が日本人だとわかるとこう話しました。
以前来た日本人客がうちの店の評価で「とても良い店だけど品数が少ない」と書いたんだ。
そう思うかい?と。
実際、入った時に広さの割には品数少ない、というか陳列棚が少ないなぁと思っていました。
でも超大型犬が入ってきたら歩くスペースも必要。
全然問題ないですよと答えました。


あまり時間もなかったのでお義母さんちの近くの町まで戻りました。
でっかいフライパンとか、


子供遊園地とか、


ユニバーサルスタジオっぽいやつとか(笑)
窓から水が流れてます。
チョット楽しいところですが、すぐに見終わってしまう可愛い町。




観光もあまり出来ないくらいバタバタした滞在でしたが、それなりに楽しかったです。
出発の日。
朝のテーブルにはお花💐を飾り、いつも綺麗に身支度を整えて見送ってくれます♡

私はまたいつ来られるかわからないけれど、それまで元気に過ごして欲しいなと願っています。


旅も終盤。
本当に色々気をつけるように!と念を押し、シアトルへ向かいました(⌒-⌒)



続く(次で最後です)


クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する