勧められたブラシ

この写真は夜撮影したものですが、

今は朝なので、


シャンプーハットかぶってるみたいです。
自分からあまり入らないホイホイですが、この夜は自分から入ってこの格好(-∀-)

やらせではありません
BGMは夫のウクレレ



今日はブラッシングのことです。

皮膚科の先生にフィービータイプの毛のブラッシングについて相談しました。
今使っているブラシ類が果たしてフィービーの毛質に合っているのか?
と、ずっと思っていたから。

ジャックは3種類の毛質(ラフ・ブロークン・スムース)がいますが、
フィービーはブロークンの父とスムースの母の子供です。
見た目はスムースですが、ふにゃふにゃ毛も多い。

ジャック仲間でも似てる子はいるものの同じような毛質の子って実はあまりいません。
見た目は同じでも触ると違うとか、よく見ると全然違うとか、部分的に同じとか色々。
種類の違う毛質の掛け合わせだと色々なタイプに分かれるのでしょうね。

フィービーの背中のタテガミ。ここだけうねっていてゴワゴワの剛毛。



耳毛。



まつ毛。



胸毛。



腹毛。



裏返し。



はいそのまま〜、って写真撮っていたら寝た(^_^;)



フィービーはかなりスムース寄りだけど、
半分ブロークン入っているからやはり毛深い方かなと思います。



うちで使い分けているブラシ類。



これを全部を病院へ持っていき、先生に見せました。
「使い分けとしては正しく使えているけど、このブラシ(オレンジのブラシ)は要注意」

ファーミネーターと同じ系のアンダーコートがよく取れるブラシ。
本当にものすごく取れるのですが、確かにこれでもかと取れる。
やめどきがわからない。
本当に抜け毛だけなのか?と思っていまして。

健康な毛も一緒に抜いてしまったり、切ってしまったりする為、
特に肌の弱い子には注意が必要とのことです。


先生、このブラシを持って
「これはねぇ・・・・・・毛がよーく取れるでしょ?(^_^;)、
 すごい取れるからキリなくやっちゃうでしょ?
 あ、こんな感じので充分なんだよ」
 と、取り出したのが、
 ↓


とあるメーカーのおまけ的なプラスチックのコーム。
思わず「えっ?」って言っちゃいました(笑)

「良かったらあげるよ」と言ってもらったので戴いちゃいました。

ブラシを立てず、横に倒して流すようにとかす。
スムーズにかつ、肌にも当たらずアンダーコートが綺麗にたくさん取れます。

白い粉のようなものが取れるようになったら肌が削れ始めたw(゚o゚)wということになるので、
そこまでやらずに終わらせます。

アンダーコートは本当これで充分、毛がつるつるサラサラ✨
もっと早く聞けばよかったなぁ(^_^;)




クリックして頂けたら嬉しく思います(〃'∇'〃)ゝ

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 犬グッズ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する